MENU

結婚を機に、車を売却→新車購入予定のあなたへ

 

結婚式

 

独身時代、私はスカイラインを乗っておりましたが、結婚&出産を想定してファミリーカーに乗り換えを決意しました。

 

※スカイラインは手放したくなかったのですが・・・

 

まず、やることは2つ。

 

@愛車を高く売ること
A新車 or 中古車を購入すること

 

の2つです。

 

愛車を高く売る方法

 

「ネットの一括査定サイトを利用すると、高く売れるかもしれない」
と友人に教えてもらいました。

 

最初、ディーラーで下取りしてもらえばいいかな?
と考えていましたが、1社だけの査定のため、安くなる恐れがあるとのこと。

 

そこで、複数社の買取店に査定競争してもらうことで、高く売れるかもしれない・・・

 

でも、ぶっちゃけ面倒臭いですよね(汗)

 

車の一括査定サイトは60秒の入力で、複数社にまとめて無料で査定依頼できるサービスです。

 

ちなみに一括査定サイトは複数ありますが、JADRI加盟店限定の、かんたん車査定ガイドがおすすめです

 

※JADRIは二重査定を禁止しています。二重査定とは引き渡し後にもう一度、査定をして、減額をする行為のことです。

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

車を購入

 

ファミリーカーで、セレナやエルグランドを探していて、ディーラーにも足を運びました。

 

ですが、そこで”新古車”の存在をしり、ネットや調べるとナビクルというサイトに行きつきました。

 

”ナビクル”は欲しい車の条件を入力するだけ”で中古車のプロがあなたの希望通りのセレナやエルグランド新古車・未使用車を探してくれます。

 

「予算は○×円以内に抑えたい」
「ディーラーの新車見積もりと比較してみたい」

 

など細かい要望を備考欄に書けば、連絡時にスムーズに話が進みますよ。

 

 

ナビクル(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の60秒!他を圧倒する簡単入力!
A完全無料であなたにピッタリのプリウスを探してくれる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
C購入後のアンケート回答でAmazonギフト券5,000円分プレゼント!

 

https://a-navikuru.com

 

 

現在の”愛車”の査定をするなら

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

TOPへ

 

 

中古車についての疑問

 

中古車の買取について語る女性

 

車買取と下取りの違いを紹介

 

車を手放すことを検討していると、車買取と車の下取りという2種類の方法があることに気付きます。

 

どちらも愛車を手放すことに違いはないのですが、目的に大きな違いがあるので理解しておきましょう。

 

車買取は、買取専門業者に依頼して愛車を査定してもらい、査定結果に納得できればその金額で業者に車を買い取ってもらう方法です。

 

一方の下取りは、新しい車を購入する際に、そのディーラーにそれまで乗っていた愛車を引き取ってもらい、一定の金額を新車の購入代金から差し引いてもらうという方法です。

 

下取りは実際に代金を受け取れるわけではなく、あくまでも値引きの一環として行われると覚えておきましょう。

 

新車を購入する必要はありますが、現在乗っている車を処分したり他の業者に売却する手間などもかからないため非常に便利です。ただ、一般的な車買取よりも値引きしてもらえる金額は少なくなります。

 

例えば中古車市場で20万円の価値がある車の場合、車買取なら20万円で買い取ってもらえるところ、
下取りだと10万円分しか購入代金から差し引いてもえないといった具合です。

 

売却代金を重視するか、処分の手間暇を重視するかを自分でよく考え、必要な方を選択するようにしましょう。

 

 

車検前?車検後?車査定に出すならどっちがお得?

 

車を売却しようと考えたときは、車査定をしてもらい適切な価格で買い取ってもらえるかどうかを判断します。

 

その際に、車検前に査定に出すのか、それとも車検後に査定に出したほうがお得なのか迷うことがあります。

 

新車で購入してからそれほど時間がまだたっていないときは、車査定は車検後に出したほうがお得なことがあります。

 

その理由として、車検に通してもそれほど修理をする箇所がないため、
車検費用が古い車と比べて抑えることができるからです。そして車検期間が長く残っていると、それが車査定にプラスに働くからです。

 

売却して新しく購入した人が、当分は車検に出さなくて良いので需要も高くなるため、同じ車種で同じ状態であれば、車検期間が残っている車のほうが高い価値があるからです。

 

ただ、購入してからの年月が長い、古い車の場合は車検前に車査定をしてもらい売却したほうがお得なことがあります。

 

それは古い車になると交換する部品も多くなり車検費用が高くなる傾向があります。

 

そうなると、売却するときに車検前と車検後の値段を比べた場合、車検費用の方が高くなることがあるので、その時は車検前に売却したほうがお得になるといえます。

 

車種や車の年度数、状態によっても異なってくるといえます。

 

 

下取りと買取の違いとは?

 

車はいつか手放さなければなりません。その際には、可能な限り利益の大きな方法を選ぶべきです。

 

まだ乗れるのであれば、単に廃棄するだけではなく、売ったほうがはるかに価値的といえます。それには大きく分けて2通りのやり方があり、下取りと買取の中から選ぶことが可能です。

 

一見同じようにも見えますが、両者は任せるべき相手が違います。かつて車を購入した、あるいはこれから買い求めるディーラーに任せることが下取りです。

 

売却益を利用して費用を抑えることができますので、新車購入が容易になるというメリットがあります。ただ実際には、中古車専門店の買取と比べると、その額は低くなる傾向があるのも事実です。

 

これは取引が他店との競争に晒されないクローズドな環境で行われるためです。それだけに、不利となる条件を知らずに事態が進行することも考えられます。

 

この違いを踏まえれば、特別な事情や長年の付き合いのある相手でもないかぎり、中古車専門店に任せるのが一番です。

 

下取りに出す前にも、一般的な買取価格を査定サイトなどで調べておけば、不利益を被ることもありません。

 

賢明に判断しながら、もっともお得に鳴る方法で、マイカーを手放していきましょう。

 

 

車を買い替えるよくある理由とは?

 

車を持っている人で買い替える人は多くいます。車を買い替える理由にはいろいろあります。良くある理由の一つに新型がリリースされるというものです。

 

ずっと好きで乗っている車が、発売する自動車メーカーが新しくモデルチェンジなどする場合は、その車のファンやメーカーのファンが新しいモデルに買い替えることは良くあります。

 

スポーツタイプの車などに興味のある人がこういった理由で買い替えます。車を買い替えるタイミングは人それぞれです。車検も一つの買い替えのタイミングとなります。

 

車検毎買い替えたり、2回通して3回目で買い替えるという人も多くいます。運転者の家庭環境によって買い替えるということも多くあります。

 

子供が免許を取り、自分の車を買ったことで、家族で乗ることも少なくなり、夫婦だけ、近くに買い物に行く程度という場合、ファミリーカーから小さな車に買い替えるということもあります。

 

また、子供が大きくなり、部活や習い事などで送り迎えなどが増えてくると、大きなファミリーカーに買い替えるという人も多くいます。

 

車を持っていて買い替える理由は、このように新型発売などメーカー側のタイミング、家庭の環境の変化によることなど理由は様々です。

 

 

新古車 VS 新車@どっちがいい?メリット&デメリットは?

 

新車に似た車の定義の一つに、新古車というものがあります。これは一度誰かが名義登録をしたことで中古扱いになっているものの、ほとんど使用されていない点は新車に近いため、その折衷案として名付けられたものです。どちらも似たような特徴を持つ新車と新古車ですが、買うならどっちがいいのでしょうか。

 

新古車のメリットは、新車と同様の状態にも関わらず販売価格が割安なことです。ディーラーや自動車整備工場などが一度登録したものを早くさばこうと値付けするため、お得な価格になっているのが特徴です。

 

また、車の購入時にありがちな、価格交渉をする必要がないのもメリットと言えます。新車も価格交渉をして値引くことができれば、新古車並みの安さで手に入れることができます。しかし価格交渉にはテクニックも必要で、誰もがいつでも希望通りの値引きを実現できるわけではありません。そうした面倒な交渉なしに安く買えるのは新古車の利点です。とにかく安さを求めるなら新古車がおすすめです。

 

一方で新古車のデメリットとしては、希望の車が見つからないこともあるという点です。車種だけでなくボディー色やオプションなど、全て指定済みの状態で売られています。これらを自分好みに変えようと思ってもできないため、ある程度は妥協せざるを得ません。こだわりを優先したいなら、新車を選んだほうが良いでしょう。

 

 

ローンが残っていても車は売れるの?

 

基本的にはローンが残っていても車は売ることができます。ただし支払い中のローンの残債が無くなるというわけではなく、売却価格からローンの残債を完済するか、
売却価格よりローンの残債のほうが多い場合は残りを一括で支払う必要があります。

 

また売却と同時に新しく車をローンで購入する場合は、新しい車のローンに残った残債を上乗せしてもらうといった方法もあります。

 

いずれにせよ不可能ではなく、売却の際はこのようにさまざまな選択肢があります。

 

とはいっても一部例外があり、売れるのは自分名義の車のみです。

 

例えば名義が自動車販売会社やファイナンス会社の場合は厳密に言えばその車は自身のものでないため、
当然ながら勝手に売ることはできません。所有権を自分名義にしてもらえば売ることは可能ですが、そのためにはローンを完済する必要がありあまり現実的ではありません。

 

ただし車買取専門店であれば買取をしてくれるケースもあります。たとえ売却時に残債が残ってもそれを一括払いではなく、分割払いで対応してくれる店舗もあります。

 

実際に対応可能かどうかは直接店舗に問い合わせてみないとわかりませんが、買取専門店は全国にあるため気になる人は一度調べてみることがおすすめです。"